TSUBASA

Musilogueプロデュースによる第2弾アルバム『TSUBASA / Taroma Koshida』がリリースされました。

今回のアルバムはギタリスト越田太郎丸を中心に、ヴァイオリンに沖増菜摘、ドラムに大槻KALTA英宣、ピアノ&キーボードに野崎良太(Jazztronik)というメンバーで制作されました。アルバム全体を通して越田自身が得意とするブラジル音楽を土台としたサウンドとなっています。ギターとヴァイオリンが交互に奏でる親しみやすく綺麗なメロディー、そこにブラジル音楽を真似るだけではない独自のビートが加わり新しいサウンドを作り上げています。アルバム中盤にはsolo pieceと題したギターソロ曲3曲も収録されています。こちらではMusilogue第1弾アルバム『Elephant and a barbar』でMusilogueが提示したアンビエントジャズといった心地よいサウンドを披露しています。また今作ではremixに、前作にも参加の新進気鋭の若手クリエイター川原亮、そして宇宙科学技術館に楽曲提供をするなど活躍している鎌塚順二を起用。本編の延長上にふさわしいサウンドを披露してくれています。技術とセンスの両方を持つ日本人ミュージシャンの見事な折衷技により、新たな『Japanese Brasilian』サウンドとして昇華されたアルバムです。

こちらのMusilogue web shopbandcampで現在取り扱っています。


Musilogue has produced its 2nd album,“TSUBASA”.

This album is made by guitarist Taroma Koshida, violinist Natsumi Okimasu, drummer Hidenobu KALTA Otsuki, and piano&keyboard player Ryota Nozaki(Jazztronik).

This album is based on Koshida’s signature sound of Brazilian music.

Guitar and violin alternate to create a beautiful melody.

The album doesn’t just imitate Brazilian music but adds an original beat to produce a new kind of sound.

Three guitar solos are included in the middle of this album.

With these tunes, you can listen to the soothing sound of ambient jazz that Musilogue also showed on its 1st album “Elephant and a barbar”.

Musilogue has chosen 2 creators Ryo Kawahara and Junji Kamatsuka as remixers for the bonus tracks.Both remixes capture the sound of the original tunes and serve as a fitting extension.Ryo Kawahara also contributed to Musilogue’s 1st album as a remixer.Junji Kamatsuka is a creator who also produces music for “The Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)”.

This is an album by Japanese musicians who have creative talent and skill.They have produced a new sound of “Japanese Brazilian” through their amazing eclectic style.

You can get this album on Musilogue web shop and bandcamp.